葬儀のスタイルも時代とともに変化しており、最近は自然葬を希望する人も増えています。


以前は墓地を購入し、墓石を建ててというスタイルが一般的でしたが、時代の流れとともに葬儀に対する考え方にも変化が出てきており、墓地や墓石を購入しない人も増えています。自然葬はお墓ではなく、海や山などの自然に遺灰、遺骨を還すスタイルです。

そのまま海や山に散骨する場合もあれば、樹木などを墓標のかわりにするスタイルもあり、それぞれの希望に応じて行われていきます。

日本経済新聞情報を調べるならこのサイトです。

海や山に散骨する場合は、遺灰をパウダー状にし、散骨していきますし、樹木葬の場合は墓地として認定された土地に遺灰や遺骨を還すこととなります。
こちらの場合は散骨とは違い、埋葬した部分に樹木などを植えますので、墓の位置を特定しやすく決まった場所でお参りを行うことができますし、普段の管理についても墓地や霊園が行ってくれますので、管理に手間がかかりません。
自然葬のメリットは墓地を持つことを考えればかなり費用を抑えることができますし、霊園を造成しないので環境にも優しい方法と言えます。

東京の自然葬について知りたいならこちらです。

最近ではお墓を継承してくれる人がいないと悩む人も少なくありませんが、自然葬なら墓地や墓石を持たないので、継承者がいない場合にも安心です。

今後はさらにこうしたスタイルが選ばれることも予想されます。



自然葬には様々なメリットがありますが、まだまだ当たらしタイプの葬儀となりますので、親族間でトラブルが起きないよう、理解を求めておくことも大切です。


Copyright (C) 2016 自然葬にも様々な種類があります All Rights Reserved.