永代供養はお寺がかわりに供養やお墓の管理をしてくれることを言います。

一般のお墓でも供養や管理をしてくれるというわけではありません。
永代供養を考えている場合は永代供養墓に入る必要があります。


永代供養を行っている寺院では宗派や宗旨は関係がないところが多いです。

まれに、その宗教に属さなければならないとされているところがありますので注意が必要ですが、基本的には誰でも受け入れています。
一般のお墓でないため、合同のお墓となることが多く、一度そのような供養をしてしまうと、後でお骨を取り出すことが難しくなります。
そのためそういった方法を考えている時は事前に親戚に確認をしておくとトラブルにならずにすみます。



近年では少子化や高齢化の影響で、お墓を継承していく方が減っているため、墓じまいを行う方が増えています。

47NEWSを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

永代供養はすでにお墓を建てている方でもお願いすることができます。

そういった場合は墓じまいにむけて各種手続きや供養が必要となりますのでどのような事が必要になるのかあらかじめ聞いておくと慌てずにすみます。墓じまいを行うということは先祖代々のお墓がなくなるということです。


後々後悔しないようにあわてずにゆっくりと考えるようにします。

寺院での供養の仕方としては合同で行うことが主となっています。

供養の際も参加することができますし、いつでも供養墓にお参りにくることができるようになっています。

合同の供養墓だからといってお参りできないわけではありません。

目的に応じた神奈川の永代供養の詳細情報を掲載しています。

自由にお参りすることができます。


Copyright (C) 2016 永代供養にはどのような人も入れるか All Rights Reserved.