社会環境の変化と少子高齢化で、お墓を継承するのが難しい時代になっていました。また、お墓を建てるには、高額な費用が掛かりお墓を建てた後も管理費などの費用が掛かるだけではなく、お墓参りやお墓の掃除などの手間も掛かる為に残された家族に負担を掛けたくないという人も増えています。

ガジェット通信情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

そして、人が亡くなったらお墓に入るという固定観念が変わり、亡くなった後に自然に還りたいと考える人が増えて来ました。自然に還りたいという願いを叶える埋葬方法が、自然葬です。



自然葬とは、亡くなった後に遺骨をパウダー状にして遺灰を散骨する方法や、墓地として認許された墓域に埋葬する樹木葬などがあります。

散骨は、海洋葬という形で海に散骨する形が多く、海に散骨する瞬間に故人が自然に還って行くのが残された家族に実感出来ます。

樹木葬儀は、お墓に近い埋葬方法で木や花の樹の下に遺骨を埋めるので、お墓参りのようにその場にお参りに行く事が出来ますし、お墓と違い美しい自然の中にありますのでお参りに行った人も癒されます。

遺骨の上に植えられた木は、永代供養などと同じで、管理者が管理を行ってくれますので安心です。

千葉の自然葬に関する情報の一覧です。

宗教や宗派のに関係なく利用出来ますし、お墓を建てる費用のように高い費用が掛かりませんから残された家族に金銭的な負担が少なく済みます。

また、故人の自然に還りたいという願いを叶える事も出来ます。

少子高齢化が進む現在、お墓のように費用や管理の手間が掛からない、自然葬はこれから増えて行くはずです。

Copyright (C) 2016 自然葬の特徴とメリット All Rights Reserved.