近年永代供養墓という言葉が注目されています。

永代供養とはお寺が供養やお骨の管理を永代にわたって行ってくれるということで、もともと菩提寺がない人、特定の宗派に属していない人、少子高齢化でお墓の手入れなど行う人がいない人などに注目されています。

一般のお墓は菩提寺があり、敷地に先祖代々の墓があり、亡くなるとそのお墓に一緒に入るというスタイルです。


先祖代々のお墓がない場合は改めて墓地を購入し墓石を建てる必要があります。

そのため、費用が多くかかることがあります。

神奈川の永代供養墓情報を利用しましょう。

一方永代供養墓は他の方のお骨と共に埋葬されるお墓です。

何年かは個別に骨壺で管理され、その後、同じ敷地内に埋葬されます。

個人のお墓はありません。



石碑に名前を刻む形となっています。

永代供養墓にも数種類ありますが、お墓の管理をしなくてすむので、費用はさほどかかりませんし、生前に予約をすることも可能となっています。
気を付ける点としては菩提寺がある場合はあらかじめ永代供養墓に入りたいとお願いしておくことです。

宗派のしきたりで、葬儀を行うことが難しいことがあるため、そのような考えがあるということを早めに話しておくと良いでしょう。また、永代供養墓に入ってしまうとお骨を取り出すことは難しくなります。

後継ぎがいる場合はその後、今あるお墓をどうしていくかということも含めてよく話し合っておきます。
永代供養はまだ浸透されていないので抵抗を感じる方もいます。

厳選したガジェット通信情報といえばこちらです。

自分が良くても周りの人は良くないことがあるので、しっかりと生前に話し合っておきます。

Copyright (C) 2016 永代供養墓と普通のお墓の違いとは All Rights Reserved.