樹木葬は、これまで墓石を立てて遺骨を埋葬する方法とは違う新しいタイプの供養方法として、近年注目が高まっている葬送方法です。
樹木葬は樹木を墓標として埋葬する方法で、霊園などが管理する敷地内に遺骨を埋葬します。

遺骨は散骨にするのではなく、指定された場所に遺骨を埋葬し、その上に故人が好きだった樹木や遺族が好む樹木を植えます。

遺骨をおさめる場所は、個々がはっきりしている場合もありますが、複数の遺骨をまとめておさめる場合があります。

樹木葬の魅力は、費用が一般的な墓石を立てて埋葬するよりも安く抑えられることです。最初に管理料を含めた初期費用を支払ってしまえば、永年供養としてもらえることが多くなっています。初期費用も他の埋葬方法と比べて高くありませんから、遺族側にとっても金銭的な負担が抑えられます。


墓石などを用意する必要がないのも魅力です。



樹木は管理する霊園側が定期的にメンテナンスをしてくれるので、遺骨を埋葬した場所は公園などのように美しく整備されています。


樹木葬にした場合は、墓参りと同じように埋葬した場所を訪れることで、故人との思い出に向き合い、供養する気持ちを込めることができます。

livedoorニュースの特徴を紹介するサイトです。

樹木葬は自然回帰の精神の元に行われているので、埋葬場所を訪れるだけで自然と一体になった安らぎを得ることができます。

東京の樹木葬情報はこちらです。

墓標として樹木を植えることで環境保全にもつながり、未来の環境を考えた優しい葬送方法だといえるでしょう。


Copyright (C) 2016 自然に囲まれた樹木葬 All Rights Reserved.